過払い請求について

過払い請求とは?過払い請求を学ぶ時に知ってほしいことを書きました。過払い請求について詳しく学びましょう。

過払い請求とは?②

a0006_002418過払い請求は債務者本人で行うことも出来ます。過払い請求を行うには金融業者と交渉する必要があります。しかし、金融業者には交渉に応じてくれる業者ばかりではなく、拒絶されることもあるようです。また場合によっては、裁判になることもあるので、専門知識のある弁護士や司法書士などに依頼する方がスムーズに話を進めることが出来るかもしれません。

過払い請求は、まず金融業者に「取引履歴」を開示してもらい、それを基に「引き直し計算」を行います。「引き直し計算」とは今までの取引きの状態、いついくらの額を借りて、いついくらの額を返済したのかを明確にするための計算方法のことです。利息制限法に基づき、本当に返済しなければいけない額、残りの返済額を明らかにして、払い過ぎた返済があれば返還を求めるため、業者と和解交渉を行います。業者が和解に応じない場合は「過払い金返還請求訴訟」を起こすことになります。

過払い請求などの債務整理は、カードローンやキャッシングの借り過ぎが原因で多重債務に陥った人が行います。この多重債務を防止するために「総量規制」というルールが出来ました。「総量規制」とは、借入の総額を年収の3分の1までに制限することです。

  • コメントは受け付けていません。

過払い請求とは?

まず「過払い金」を簡単に説明すると、カード会社や貸金会社(対象会社は一般的な貸金会社になるようです。)に払い過ぎたお金のことを言います。

その「過 払い金」を法的手段で、カード会社や貸金会社に返してもらうことを「過払い請求」と言います。

対象となるのは、完済された方、多重債務で5年以上支払って いる方、保証人になって一括返済した方などみたいです。

色々なケースで対象になるみたいですね。

ちなみに、「過払い請求」の時効は10年と言われているので、完済した方でも10年は、過払い金が 戻ってくる可能性はあるということですね。

「過払い請求」は、弁護士など専門家に任せる方法と自分ですべての手続きをする方法があります。

専門家に頼むと 着手金や報酬など費用が掛ります。

ですが、自分ですべての手続きをしなければならないとなると、知識が必要ですし手間も掛りますね。

そして、時間にも差が あるようです。

自分で行うと4ヵ月以上掛るところが、2ヵ月~3ヵ月程度で終了するようです。

お金の面や、時間などを考えても専門家に依頼する方がいいかもしれませんね。

ただ、返ってこないケースもあるようです。

会社が倒産して しまったとか、借りたお金でギャンブルをしていた場合などですね。

すべてがすべて戻ってこないというわけではないのですが、確率は低いようですね。

某貸金会社が倒産し、更生手続きをしましたが、それから4ヵ月以内に裁判所に申し出ないと過払い請求出来ないようです。

とにか く、過払い請求する場合は早めに行動を起こすことがいいようでね。

  • コメントは受け付けていません。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !